訪問マッサージを利用されている方々の症状例

 

◆神経痛(痛み、痺れ(しびれ)麻痺(まひ))を全身、または身体の一部に患っている

◆肩・肘・膝・指などが動かしづらい、可動域が狭くなってきた、固まってきた(関節拘縮)

◆むくみ・浮腫が強い

◆筋力が低下してきている、筋肉の量が減ってきている

◆大きな筋肉が常に緊張した状態になっている

◆何らかの原因により、ほぼ寝たきりになっている

 

これらの症状を、1つまたは複数抱えておられる方が多いです。

 

訪問マッサージを利用されている方々の傷病名例

全身廃用症候群/脳梗塞後遺症/脳出血後遺症/大腿骨骨折後遺症/多発性脳梗塞/バージャー病/筋ジストロフィー/ニューロパチー(末梢神経障害)/変形性腰椎症 /変形性膝関節症/変形性頸椎症/慢性関節リュウマチ/腰椎椎間板ヘルニア/脳性麻痺/頸椎損傷/神経原生筋委縮症/筋委縮性側索硬化症/ALS(筋委縮性側索硬化症 /閉塞性動脈硬化症/多発性筋炎/骨粗鬆症/脊柱管狭窄症/パーキンソン病/透析合併症(長期糖尿罹患)による骨関節障害/アルツハイマー型認知症/前頭側頭型認知症/脊髄小脳変性症

 

 

上記傷病名はあくまでも一例です。

上記傷病以外にも訪問マッサージの対象となる場合は多くございます。

また傷病自体の治癒を目的とするものではなく、状態の維持や改善が目的になります。