リハビリの前段階としてのマッサージ

 

リハビリでは、主に

・機能訓練(関節可動域練習、筋力向上練習)

・歩行練習(自宅内、屋外)

・階段昇降練習

・身の周り動作練習(起居動作、トイレ動作、食事動作、入浴動作、床からの立ち上がり動作等)

・環境調整(杖や歩行器などの検討)

などを理学療法士、作業療法士と一緒に行います。

 

今、リハビリを検討されている方がまだ上記リハビリの内容の多くのことが難しそう、と感じられるようでしたら、その方にはマッサージが適している場合があります。

 

関節が固まりつつある、麻痺があり思うように身体が動かせない、しびれがある、筋肉が落ちてきている、などの状態により自力で身体を動かすことが困難な方には、まずマッサージを受けられることをお勧めします。

専門的な知識と経験を持ったあん摩マッサージ指圧師がお身体を丁寧に、時間をかけてほぐしていきます。また、血液やリンパ液の循環促進、神経の正常化のために、身体や症状に合わせた手技を行います。1回のマッサージを受ける前後だけでも多くの方が変化・改善を実感されます。施術後のよいお身体の状態を継続して保つことができれば、日常生活の中でのできることが大きく増えていくことを実感できると思います。

 

「リハビリ」を始めようと思われている方は、「マッサージ」という手段も合わせて検討いただくとよいと思います。