認知症は水で治る!

「認知症重度化予防実践塾」という活動が岡山から始まり全国に広まっているそうです。

その認知症重度化予防実践塾という活動の中で参加者に知ってもらおうとしていることのメインの1つは「1日1,500ccの水をしっかり摂取すれば認知症の症状は改善する」というものです。

 

認知症の方に起きる、物忘れ・物盗られ妄想・徘徊・うつ状態などは改善できるということ、そしてそれらは全て水分を十分に摂取することから始まるということを知ってもらうという活動です。

 

私は漫画「ヘルプマン」でこの活動を知り興味を持ち「認知症は水で治る!」という本を読んでみました。

認知症重度化予防実践塾も、この「認知症は水で治る!」という本も、竹内孝仁という医学博士・大学教授の方の研究が基になっています。

 

植物は水が無いとしおれてしまう、人間も水が足りないと干からびてしまう。

ざっくりと言えば、そういう話です。

 

「干からびる」という状態は、脱水症状という状態で、頭がぼーっとしたり、体の機能が十分に機能しなかったり、ということが起きている状態のことです。高齢者は特にその状態になりやすく、また脳の一部に障害がある方は症状として「問題行動」として現れやすくなったり、ということのようです。

 

脱水症状に多くの原因がある場合、水を補給することでそれらが解決する、という理論です。

 

もちろん脳の組織が再生する訳ではありませんし、水さえ飲めばいいという訳ではありません(運動・食事・排便も合わせて重要です)。ただ、「水を飲む」ということから始められる、試してみることができる、希望のある話だと思いました。

 

 

今回、私はたまたまこの方法を知りました。ただ、この方法を知らない人も多いと思います。

 

身近にお話できる方からお伝えしてみようと思います。

 

ご興味ある方は、本などぜひ読んでみてください。

 

 

田原総一朗が真実に迫る 認知症は水で治る!

 

本能からの「ありがとう」

「ほんとうにうれしいわ~。ほんとうにうれしいわ~。ありがとう~。ありがとう~。」

 

私は介護士の資格(介護初任者研修修了)を持っています。また、高齢者介護入所施設で介護士としても働いています。

私が働いている施設は認知症の方が入所するグループホームです。

 

そこに入所されている、ある女性の口癖が先ほどの「ほんとうにうれしいわ~。ほんとうに・・・・」です。

椅子へ誘導する、着替えを手伝う、トイレの案内をする、などどんな些細なアクションにも、うれしい・ありがとうと言ってくださいます。

 

認知症を発症すると、認知機能が低下し、自身の状況を認識することや、今までできていた(分かっていたこと)でできなくなったりしてきます。

しかし「感情」に関しては、認知機能の状況によらずしっかりと働きつづけると言われています。

 

その方は、「前向きに」「いつも感謝の気持ちを持って」人生を過ごしこられただろうなと思います。素敵なことだなあと思います。

私もそうありたいと思いました。

 

人生の先輩の背中を見て、学ばせてもらっているような気がします。

 

 

認知症サポーター養成講座

続きを読む

早歩き出来ない場合は、太ももをゆっくり大きく上げる 認知症予防

先日、「認知症予防には早歩き」の記事を書きましたが、では早歩きできない人はどうすればよいのか?

 

簡単にできることはあります。

 

体を動かし(筋肉を刺激し)、体(脳を含む)の血流をアップさせることが重要です。

 

手すりなどにしっかりとつかまり、太ももをゆっくりと大きく上げます。これを数回繰り返します。

これだけで、体内を血が駆け巡ります。

 

また、さらに簡単なのは、手先・足先を動かすことです。手をグー・パー・グー・パーを力強く数回繰り返してください。

これだけでも血は巡ります。体の末端を動かすことを意識してみてください。

 

意識して毎日の動きの中に取り入れたいですね。

 

認知症予防には早歩き

先日、とある健康に関するセミナーで聞いた話を思い出しましたので、記しておきます。

 

「認知症予防には早歩き」

 

これです。

先日参加させていただいた、「認知症予防教室」の中でもお話があったのですが、脳内の血流を活発にするためには「デュアルタスク」が有効だそうです。

デュアルタスクとは、2つ以上のことを同時に行うことです。例えば、「テレビを見ながら洗濯物をたたむ」。これは洗濯物をたたむ手をきちんと動かしながら、テレビの内容も理解できていて、デュアルタスクが出来ている、ということになります。

歌を歌いながら踊る、でも、散歩しながらおしゃべりをする、でも、計算をしながら料理をする、でも大丈夫です。

普段は意識することなくやっているようなことが、脳の活性化と認知症予防には重要なのです。

 

そして、話は戻るのですが、「早歩き」。これも脳を活性化させるのに適しているそうです。ゆっくり歩く場合には脳は活性化しません。

早く歩くとなると、前方の障害物に注意しながら、足元の状態を気にしながら、体のバランスを維持しながら、道順を考えながら、ということを一度に脳が処理している状態になります。これはデュアルタスク(2つの課題)を超えたマルチタスク(複数の課題)です。

 

ということですので、認知症予防に、自分自身にも、周りの方々にも早くあるくことを勧めてくださいね。

 

ただ、くれぐれも無理のない範囲でお願いしますね。

 

認知症予防教室 (寝屋川市第十中学校区地域包括支援センター)

先日7月20日(水)に寝屋川市第十中学校校区地域包括支援センター主催で、「認知症予防教室」が開催されました。

知り合いの方に、教えていただき参加させていただくことになりました。

 

開催された会場は香里三井A団地集会所で、講師としては集会所の向いにこの8月からオープンするサービス付き高齢者向け住宅ぽぷら みいの丘の前田さんがお話をされました。

 

前田さんは、

 

●認知症を有する高齢者の方は間違いなく年々増加する。

●85歳以上になると1/4以上の方が認知症を有している。

●認知症は老化による物忘れとは原因や症状、対処法が異なる。

●認知症は治る場合もある。早めの専門医の受診が重要。

●認知症予防のために、食生活を気をつけ、生活に適度な刺激をとりいれるのがよい。

 適度な運動や、趣味を持つこと、人との積極的な交流が大事。

 

といった話を具体的にわかりやすくしてくださいました。

 

 

また、その後に地域包支援センターの方から、脳を刺激するためのクイズや、簡単な手と足の振り付けを入れて「きよしのズンドコ節」を歌うというレクリエーションも行いました。

 

参加されていたみなさま(65歳以上の方々)、お城や朝の連ドラのヒロインなど写真が出た瞬間に回答されており、またズンドコ節も笑顔で元気に歌って踊られていました。

 

楽しく、適度な運動を、みんなと一緒に、という本当に認知症予防の要素が全てつまったイベントでした。簡単なようですが、そういうことが大事なんですね。

 

 

 

また、その後の質疑応答の時間の中で地域包括支援センターの方から、認知症の疑いがある方への対応についてのお話がありました。

 

●本人も家族も、「認知症になった」ということを心理的に認めにくい。

●認知症かどうかの判断をするために専門の病院へ行くことに対して心理的なハードルが高い。

●専門の病院で受診しないことで進行がどんどん進んでしまう場合がある。

 

●オレンジチームという、認知症診療・ケアの経験豊富な医師と、医療・介護福祉の専門職で構成する認知症初期集中支援チームが寝屋川市にもあり、地域包括支援センターと連携し活動を行ってる。

 

●ご家族の方、地域の方の認知症に関してご相談があれば、まず地域包括支援センターに相談していただければ必要な対応を行う。

 

とのことでした。

 

参考 : 寝屋川市役所 認知症支援

http://www.city.neyagawa.osaka.jp/organization_list/fukushi/koreikaigoka/ninchishou/ninchishoushoki.html

 

 

自分自身でできること、家族ができること、もっともっと多くの人に広めていかなければならないと思いました。

 

認知症予防教室、参加させていただきありがとうございました。